• お問い合わせ

健康食品

納豆キナーゼは身体にいい!
「スムーズなめぐり」は健康の要です。
MADE IN JAPAN
ナットウキナーゼとは?「納豆菌が生産する酵素」です。
FUとは?

ナットウキナーゼの単位
FU(Fibrin decomposition Unit)とは
「フィブリン分解ユニット」のことです。

フィブリンとは、血液の凝固に関わる繊維状たんぱく質です。
FUとは、酵素の活性度(働く力)を表します。
直訳すれば「繊維素分解単位」です。

ナットウキナーゼは、1984年に新しく発見された酵素です。そのため、固有の活性測定法が確立されていませんでした。もちろん単位も確立されておらず、一般的なたんぱく質分解酵素の活性を示すカゼイン分解力(CUまたはUnit)やプラスミン用合成基質を使用し、IU(国際単位)で表していました。

しかし、ナットウキナーゼはフィブリン(血液の凝固に関わるたんぱく質)に働きかける酵素なので、既存の測定法ではその作用を正しく測定できませんでした。

2003年1月15日、(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)は「ナットウ菌培養エキス食品」の規格基準を公示。

ナットウキナーゼの1日の目安摂取量として
「ナットウ菌エキス含有食品」には、
1,000FU以上2,000FU未満
「同加工食品」には。2,000FU以上
それぞれ含有することとしました。

現在、FUは、ナットウキナーゼ活性表示単位として、米国・台湾・韓国・EUなど多くの国で理解・使用されています。

MADE IN JAPAN
納豆とナットウキナーゼの違いは?

近年注目を浴びている腸内フローラは、小腸や大腸に生息する腸内細菌の集団です。納豆は、「善玉菌」である乳酸菌を含有しており、腸内環境を整えます。

そのほかにも、納豆に含まれる不要性食物繊維は、腸壁を刺激して蠕動運動を促すと言われています。

その納豆のねばねばした部分に含まれている酵素がナットウキナーゼです!
納豆に含まれるナットウキナーゼは、「いいとこ取り」の【ベネフィット・フード(benefitfood・恩恵食物)です。】
納豆キナーゼシリーズには、「身体に優しい2つの成分」がたっぷり含まれています。
元気をサポート!大豆レシチン
健康へ導く!黒酢
4つの成分が追加配合された2つのラインナップ
生活習慣が気になる方に!紅麹
クエン酸たっぷり!梅肉エキス
ケルセチンが豊富!タマネギの皮
元気を注入!発酵黒にんにく
納豆キナーゼのQ&A
日本ナットウキナーゼ協会
安心・安全のため、GMP認定工場で製造しています。
MADE IN JAPAN
商品詳細はコチラ